こんにちは!
セイルで営業と社員の入退社手続きを担当している小田です。

涼しくなり過ごしやすい季節になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか…?
食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…楽しんでますか??

2021年10月よりセイルは第7期に入り、それと同時に10月よりセイルの健康保険が協会けんぽから『関東ITソフトウェア健康保険組合』に変更となりました!

そこで今回は、関東ITソフトウェア健康保険組合について、少しお話しさせていただきます。

関東IT健保って?

まず、関東IT健保って何?と思った方もいらっしゃいますよね。

関東IT健保とは、関東圏のIT企業のみ加入が可能で、充実した福利厚生や低保険料率が注目されており業界では知名度も高い健康保険組合なんです!

加入できると数々の福利厚生があり魅力的な保険なのですが、加入には厳しい条件・審査をクリアする必要があり、セイルもこれまでに数々の苦労がありました…。

ここからは、苦労した加入までのお話と加入できるとどんなメリットがあるのかをご紹介させていただきます!

厳しい加入条件

関東IT健保に加入の為、数々の条件をクリアしているかの確認と、提出書類の数が膨大でとっても苦労しました、、!
そんな厳しい条件のいくつかをご紹介します。

  1. ・社会保険加入1年以上で、本社が関東近辺にあること
  2. ・被保険者が20名以上
  3. ・標準報酬月額11万8千円以下の被保険者がいないこと
  4. ・被保険者の標準報酬月額が概ね35万円以上
  5. ・被保険者の平均年齢が概ね平均35歳以下が基準
  6. ・扶養率が健保組合の平均を著しく上回らないこと
  7. ・過去1年間に税金・健康保険・厚生年金保険・雇用保険の納入遅延が1回もないこと

  8. など・・・

  9. その他にもいくつかの条件があり、加入基準が厳しい事でも有名な関東IT健保ですが、セイルは無事条件をクリアすることができました!

加入のメリット

健康保険料が安くなる

加入して、まず社員の皆さんが実感できるメリットです!
毎月給与から引かれる健康保険料の本人負担率は、協会けんぽの 9.84%(東京) から関東IT健保の 8.5%に切り替えると1.34%低くなります。

給与40万円・40歳未満の方の場合、
20,172円17,425円 となり、2,747円安くなります!

年間では32,964円も負担額が下がるので、これは結構大きいですよね!

保養施設に格安で宿泊できる

全国25ヵ所ある関東IT健保が運営する保養施設に、なんと1泊2食付き5,500円で泊まることができるんです!

「所詮は保養所でしょ?」と思う方も多いかもしれませんが、普通に泊まったら2~3万円ぐらいしそうな綺麗で広々した施設が多いです!

『直営の保養施設 』
https://www.its-kenpo.or.jp/shisetsu/hoyou/chokuei/index.html

また、近隣施設も大幅な割引価格で利用できます!

箱根ユネッサン:3,500円→750円(約80%OFF)
彫刻の森美術館:1,600円→350円(約80%OFF)
館山海中観光船:2,570円→600円(約80%OFF)

その他にもJTBの契約保養施設や旅行パックへの補助も出るので、安い施設であれば1泊2,000円で泊まるといったことも可能です!

JTB契約保養施設:5,000円 / 泊(年度内3泊まで)
旅行パック:10,000円 / 回(年度内1回まで)

スポーツクラブの利用も割引価格に

関東IT健保とコナミスポーツ、セントラルスポーツが提携している為、一回あたりのビジターでの利用が約50%OFFになります。

店舗によって違いはありますが、例えばコナミスポーツのビジター料金(都度利用)が2,090円の場合、関東IT健保の割引を使うとほぼ半額の1,090円になります!

この金額なら、気軽にジムにも通えますね!

また、ゴールドジムもセントラル系列の対象店舗であれば、セントラルのカードを持って入会しに行くと、約50%OFFで利用する事ができるんです!

コロナ禍で運動不足になっている方も多いかと思います。
この機会に、ジムでの運動習慣を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

高額な医療費がかかった場合の補助

年収に関わらず、1ヵ月あたりの医療費が2万円を超えた場合は関東IT健保が補助してくれます!

国から高額療養費制度での保証は元々ありますが、関東IT健保であれば更に自己負担額も少なくて済みます。

例えば年収500万円で40歳の方が、総医療費40万円で入院を伴わない治療を1ヵ月受けた場合、自己負担額は20,000円となります。
(協会けんぽの場合は81,430円

※『通院+調剤』、『入院』、『他の医療機関』は別の括りになるので各枠ごとに2万円となります。

人間ドックが個人負担1万円で受けられる

35歳以上の被保険者 or 被扶養者であれば人間ドックも1万円で受けることが出来ます!
一般的に4~5万円が相場なのでかなり格安となります!

また、歯科定期検診、胃がんリスク検査は無料で、インフルエンザ予防接種には2,000円の補助が出るのも魅力です!

出産などの付加給付

国からの法定給付などもありますが、関東IT健保独自の付加給付も行っているので、被保険者や同一生計者が下記の場合には上乗せして付加給付がもらえます!

※()内は法定給付額
出産:9万円(42万円)
死亡:15万円(5万円)

ディズニーランドチケットの割引

関東IT健保といえばこの特典が真っ先に浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

年に1回の抽選となりますが、ディズニーランド・シーに3000円割引で入場できるイベントが行われるので、必ず応募しておきたいところです!

最近は新型コロナウイルスの影響で開催されていないのですが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでも同様のイベントが行われるので要チェックです!

美味しいレストランも格安で利用できる

例えば、赤坂に関東IT健保が提携しているお寿司屋さんがあり、通常であれば1~2万円しそうな高級なお寿司を3,300円で食べる事ができるんです!

このお寿司屋さんは大人気で予約はなかなか取れないのですが、その他にも和食屋さんや中華料理店、イタリアンやバーなど様々なお店が対象になっており、普段は気軽に行けないようなお店も格安で利用する事ができます!

社内でも食べることが大好きな人が多いので、この特典を楽しみにしているメンバーも多いです!

最後に

これから関東IT健保の福利厚生を活用して、リフレッシュや社内交流もどんどんしていきたいと思っています!

最新の保養所や提携施設については健保マガジン『TOCOTOCO』を見てみてください。

『TOCOTOCO』
https://www.its-kenpo.or.jp/tocotoco/index.html

私もこれからいろいろ利用してみて、お得な活用法や為になる情報を入手しましたら、またご共有させていただきますね!

ご覧いただき、ありがとうございました!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加