2015年10月、「誰もが働きやすいと思える環境を創る」ということを目標に株式会社セイルを設立しました。

働きやすい環境を創るということは本来「手段」であり「目的」ではないのですが、セイルでは敢えて環境に重点を置いています。

その理由は2つあります。

1つ目は、会社設立メンバーの想いに由来します。

私達はこれまでに、低い賃金で長時間働き、スキルも伸ばせず、気付けば年だけを取っていたというエンジニアを多く見てきました。
その目には将来への諦めと不安しか映っていないように見えました。
希望を失った人間が良い未来をつくることは出来ません。

そんな悲惨な現状が当たり前となっているこの業界に疑問を持ち、エンジニアによるエンジニアの為の会社があってもいいのではないかと考えたメンバーが集まり、立ち上げたのがセイルです。

同じ業界で戦う彼らに、活き活きと仕事をしてもらいたい。その目に輝きを取り戻してほしい。その為の環境を創ることが会社の役割であると確信しております。

2つ目は、事業展開するスピードを重視している為です。

近年では今までアナログだった業界でもIT化が進み、新しい技術やサービスの流行り廃り、取り巻く環境の移り変わりの速さも加速する一方です。
その為、ビジネスチャンスが生まれてからリリースするまでのスピードが遅いと、他の企業に先を越されることは珍しくありません。

リリースまでのスピードを飛躍的に向上させる為には、高い技術が必要です。
個々の実力を正しく評価し、更に高めていける環境があれば、自ずと高い技術を持つエンジニアが集まります。

活躍できる場を幅広く設け、サポート体制が充実していれば、更に技術が育つ。そして、会社とエンジニアの間にも強い信頼が生まれる。

会社とエンジニアのWin-Winな関係を築く事が出来て初めて、高品質なサービスの提供が実現できると、私達は信じています。

そんな当社の目指す環境は社名にも込められています。

「セイル」 は帆船を意味するのですが、帆船は一人では操作することが出来ません。
メンバーが一丸となり船を操作し、波を読んで、風を掴み、初めて前進することができます。

十年先がどうなるのか誰も読めない時代ですが、不安がるのではなく、 信頼できるメンバーと未知な状況を楽しみながら、時代の流れを読み、チャンスを掴み、前進していきたいと願い「セイル」と命名しました。

幸いなことに当社には業界でもトップレベルのエンジニア達が集まってくれましたので、頼もしいメンバーのおかげでお客様にも信頼され、また1つ大きな規模へと成長することが出来ました。

これからもプロフェッショナルとしての誇りと責任を胸に、楽しい航海をしていきたいと思います。






プロフィール

1986年生まれ、神奈川県横浜市出身。 中学生の頃から趣味でプログラミングを始める。IT系専門学校を卒業後、ITベンチャー企業にて営業、採用、経理を担当。夢だった世界一周に1年3ヵ月ほど出た中で日本人初の馬での単独モンゴル横断を2ヵ月かけて行う。その後、システムエンジニアとして開発経験を経て独立。
趣味はダイビング、バイク、キャンプ、旅行、バスケなど。

関連リンク

Cross the Mongol ~モンゴル横断 1人と2頭の物語~
サルでもわかる世界一周